令和の年号の出典である「万葉集」には多くの梅の歌が載せられている。

気品ある色と香が人気を呼び、春にさきがけて咲く花として、

日本人の心の中に定着。「さきがけの花」とも呼ばれている。